4インチネルロックマンエグゼ追加武装制作ノススメ(1)

と言っても、制作過程は真面目に記録してはいないのですが。

 

具体的な技術は模型誌にお任せするとして、今回、勢いに任せて色々作ってしまったので、使用した材料や工具を、参考までに記録しておきます。

時間をかければそれなりの形にはできると思うので、多少なりとも、追加パーツを作ってみたいと考えている方の道標になれば幸いです。 

 

タミヤ クラフトツール 精密ピンバイスD 74050

タミヤ クラフトツール 精密ピンバイスD 74050

 

 

オルファ(OLFA) アートナイフ 10B

オルファ(OLFA) アートナイフ 10B

 

 

タミヤ クラフトツールシリーズ No.111 カッターのこ II 74111

タミヤ クラフトツールシリーズ No.111 カッターのこ II 74111

 

 

タミヤパテ(ベーシックタイプ)

タミヤパテ(ベーシックタイプ)

 

 

Mr.うすめ液 小 50ml T101

Mr.うすめ液 小 50ml T101

 

 

Mr.サーフェーサー 1000 徳用 B519

Mr.サーフェーサー 1000 徳用 B519

 

 

Mr.プライマーサーフェイサー 1000 B524
 

 

 

・彩斗ヘッド

f:id:yakouhai:20161030083133j:image

型取りくんで頭部パーツ下部を型取りして、エポキシパテを押し付けて基本の形を成型。耳と表情パーツの差し替えをできるようにします。

f:id:yakouhai:20161007081037j:image

f:id:yakouhai:20161007081611j:image

f:id:yakouhai:20161007081123j:image

あとはひたすら、アルテコSSPを盛って削っての繰り返し。

 

 

Mr.SSP 瞬間接着パテ MJ200

Mr.SSP 瞬間接着パテ MJ200

 

もうこれは、根性がないと完成しません。

 

前髪は曲げたプラ板に(両面テープで曲面に固定した状態で)エポパテを盛って整形。

プラ板部分でエッジを立たせます。

接続は真鍮線ですが、もっと良い方法もあるのでは。

 

後頭部というか後ろ髪は、強度を出すのも難しいのでジャンクパーツを使用。 

立体的な落としどころはこの辺りだと思いますが、若干ヴォルナット風味が入ったかな?

コトブキヤ ロックマンゼロ ゼロ 1/10スケール プラスチックキット

コトブキヤ ロックマンゼロ ゼロ 1/10スケール プラスチックキット

 

 

 

 ・クロスガン

f:id:yakouhai:20161030083151j:image

f:id:yakouhai:20161030112121j:image

f:id:yakouhai:20161007081252j:image

f:id:yakouhai:20161007081209j:image

Gタンクの11mm(下腕)、7mm、4mm(銃身)を組み合わせて制作しました。

といっても、手元にあったから使っただけで、普通にプラパイプがあればその方が楽です。

 

適当に輪切りにしてプラ板で蓋。面取をする部分はプラ板を厚めにして、ナイフで削っています。

全体の形ができた後、ボールジョイント(軸2mm)とリベットを接着。

銃身には彫刻刀でディテールを彫っています。

WAVE オプションシステム シリーズ Gタンク ロングL 直径11mm

WAVE オプションシステム シリーズ Gタンク ロングL 直径11mm

 

 

 

4インチネルの首や肘の軸は2mmなので、2mm軸のボールジョイント等で接続できます。

 

 

HG 細幅彫刻刀 平刀 刃幅2.4mm

HG 細幅彫刻刀 平刀 刃幅2.4mm

 

リベットの数、彫る線の数でブイガンもショットガン、スプレッドガンも自由自在なので、根性があればコンプリート可能ですね!

 

 

・ガッツマシンガン

f:id:yakouhai:20161030112032j:image

f:id:yakouhai:20161030112059j:image

f:id:yakouhai:20161007081328j:image

Gタンクの11mm(下腕)、4mm(銃身)を組み合わせて制作します。

難しいのはプラ板を巻いて接着する部分くらいでしょうか。

 

丸リベットも上記の壽屋。クロスガンの材料だけで完成します。

お手軽!!

 

 

・ウェーブショット

f:id:yakouhai:20161103210807j:image

f:id:yakouhai:20161103210811j:image

f:id:yakouhai:20161030101714j:image

f:id:yakouhai:20161030101717j:image

f:id:yakouhai:20161024214725j:image

基本的にはプラ板の箱組み。各面のプラ板を切り出して接着するだけです。

下面の太いスジ彫りに彫刻刀、それ以外のスジ彫りはbmcタガネを使用しました。

HG 細幅彫刻刀 平刀 刃幅1.6mm

HG 細幅彫刻刀 平刀 刃幅1.6mm

 

 

 

スジボリ用ガイドテープ 3mm (30m巻)

スジボリ用ガイドテープ 3mm (30m巻)

 

 

 銃口内部は設定が見当たらなかったので、ダクトノズルでそれっぽくでっち上げました。

 

 

 

自分の場合は買い置きが多々あったので買い足しは精々3,000円位で済みましたが、ゼロから買い揃えるのは大変だとは思います。

それでも、武装を増やしてアクションフィギュアのプレイバリューを大きくする魅力には抗えません。

手元にあるエグゼ5体にそれぞれ別の武器を持たせて遊べるのは(多分)自分だけだと思うと、優越感が極まります。

 

4インチネルはサイズ感も手頃。

4インチネル ロックマン エグゼ ノンスケールPVC&ABS製塗装済み可動フィギュア
 

 

その中でもロックマンエグゼのデザインは細かすぎず、塗装もベタ塗りこそ合います。

 

つまり、比較的楽なんですわ。

 

この機会に、造形の沼に沈んでみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

来いよ!

 

こっちに!!!