ロックマンコラボグッズが買いたい!

さて、さてさて、ロックマンが30周年を迎える2017年、新たにロックマンコラボグッズが発表されました。

「ロックマン」が2017年12月17日で30周年!多彩なグッズが発売されるTGS 2017での発表情報をまとめて紹介|Gamer

 

今回の新商品は、バックパックと腕時計!

ドット絵デザインはごくワンポイントに留まり、普段使いもしやすい雰囲気で良いですよね。

 

個人的にも買う気満々なのですが、そうなるときになるのが「お値打ち感」。

どうしても、コラボグッズは割高な印象がありますから、その感覚を克服しないと購入に至れない……。

 

ということで、個人的に元モデルを特定しつつ、皆様と情報を共有したい! というのがこの記事の趣旨なのです。

 

 

まずは、バックパックから。

ロックマン モデル バックパック バッグ | スーパーグルーピーズ

 

バックパックの製造はANONYM CRAFTSMAN DESIGN様。明記してあるので判りやすいですね。

そして元モデルはこちらhttp://www.acdesign.jp/products/index.html?product=anm-15m-ny。比較すると、ブランドロゴ部分の遊びがより楽しめます。

元値も13,000円のところ、ロックマンモデルが15,000円ですから、納得できる差額なのではないでしょうか。

 

 

 

では続いて腕時計の方。

ロックマン モデル 腕時計 リストウォッチ(メンズ用) | スーパーグルーピーズ

 

こちらの製造は株式会社マルゼキhttp://maruzeki.com/様、時計のOEMメーカーです。

 

ということは簡単に判るのですが、元になったモデルとなると、時計は世界に星の数ほどあるわけで、特定は簡単ではありません。

そこで検索に使うキーワードは「VD53」。時計の心臓部であるムーヴメントの型番です。

 

調べると一瞬で、セイコー製のムーヴメントだということが判ります。

しかし、ムーヴメントとケースの組み合わせも多数ありすぎて、特定なんかできるはずはなかった……。

 

それでも、同クラスのムーヴメントを採用していると最低1万円から上は4~5万円くらいまで確認できたので、デザインが気に入ったなら高くない程度だと感じました。

よし、買おう。

 

 

 

スーパーグルーピーズのロックマンコラボグッズ、靴は買わなかったけど、少なくとも今回、腕時計は買う気です。

皆さんも、買いたくなったすぐ注文しましょう。後悔しても遅いのですよ!

 

ジャッ!!

ロックマンコラボグッズが買いたい!

さて、さてさて、ロックマンが30周年を迎える2017年、新たにロックマンコラボグッズが発表されました。

「ロックマン」が2017年12月17日で30周年!多彩なグッズが発売されるTGS 2017での発表情報をまとめて紹介|Gamer

 

今回の新商品は、バックパックと腕時計!

ドット絵デザインはごくワンポイントに留まり、普段使いもしやすい雰囲気で良いですよね。

 

個人的にも買う気満々なのですが、そうなるときになるのが「お値打ち感」。

どうしても、コラボグッズは割高な印象がありますから、その感覚を克服しないと購入に至れない……。

 

ということで、個人的に元モデルを特定しつつ、皆様と情報を共有したい! というのがこの記事の趣旨なのです。

 

 

まずは、バックパックから。

ロックマン モデル バックパック バッグ | スーパーグルーピーズ

 

バックパックの製造はANONYM CRAFTSMAN DESIGN様。明記してあるので判りやすいですね。

そして元モデルはこちらhttp://www.acdesign.jp/products/index.html?product=anm-15m-ny。比較すると、ブランドロゴ部分の遊びがより楽しめます。

元値も13,000円のところ、ロックマンモデルが15,000円ですから、納得できる差額なのではないでしょうか。

 

 

 

では続いて腕時計の方。

ロックマン モデル 腕時計 リストウォッチ(メンズ用) | スーパーグルーピーズ

 

こちらの製造は株式会社マルゼキhttp://maruzeki.com/様、時計のOEMメーカーです。

 

ということは簡単に判るのですが、元になったモデルとなると、時計は世界に星の数ほどあるわけで、特定は簡単ではありません。

そこで検索に使うキーワードは「VD53」。時計の心臓部であるムーヴメントの型番です。

 

調べると一瞬で、セイコー製のムーヴメントだということが判ります。

しかし、ムーヴメントとケースの組み合わせも多数ありすぎて、特定なんかできるはずはなかった……。

 

それでも、同クラスのムーヴメントを採用していると最低1万円から上は4~5万円くらいまで確認できたので、デザインが気に入ったなら高くない程度だと感じました。

よし、買おう。

 

 

 

スーパーグルーピーズのロックマンコラボグッズ、靴は買わなかったけど、少なくとも今回、腕時計は買う気です。

皆さんも、買いたくなったすぐ注文しましょう。後悔しても遅いのですよ!

 

ジャッ!!

ワンダーフェスティバル2017[夏]ロックマン関係まとめ-Summary of Megaman figures exhibited by Wonder Festival 2017[Summer]-

はい! ワンフェス!!

2017年の夏のワンダーフェスティバルでした。

相変わらずの酷暑ですが、曇っててまだマシでしたね。 

f:id:yakouhai:20170801233009j:image

 

ただ個人的には2017年最大のイベント『RAYVE FINAL』が前週に開催され、体力的に、そして何より精神的に落ち着かない状態での参戦となりました。

 

Rayちゃんの楽曲ホント良いので、ぜひ今からでも聴いてもらえると嬉しいです。

今ならファンクラブ用楽曲がDLできたりもします。

 

 

 

そして恒例のロックマン関係まとめ記事。

前回時間がかかってしまったので、今回はひとまずコメントなしでアップしていきます。

 

画質や色味がとっちらかってるのは、今回デジ一を投入してみた結果で、Twitterに上げてない写真も多いです。

基本的に補正なしの撮って出し。ピントが合ってたのがこのくらいでした。

使い慣れない一眼より、スマホの方が上手く撮れることもありますよね……。

 

 

また今回も西東京大会の決勝が始まるまでの参加で、全てのスペースの巡回はできていないため、漏れもあることでしょう。

コスプレは確実に漏れてます。エールさんとか。

 

私の知らないロックマンディーラーさんを知っている方は、定点観測していくので、教えていただけたら幸いです。

 

続きを読む

ワンダーフェスティバル2017[夏]私的事前チェック

今夏のワンフェスは、2017年7月30日、幕張メッセにて開催。

アイドルマスターシンデレラガールズ5thライブ福岡公演と日程が被ります。

そのせいか、今回はシンデレラステージが無いようですね。

 

そんなワンフェス2017夏、恒例の出展作品チェック記事、随時更新です。

 

最低限の内容ですが、いつも通りロックマン関係は逃さないためのチェックリスト。

そして、過去にロックマン関係を出したディーラーさんの活躍や、単に私が気になるディーラーさんのチェックリストでもあります。

 

前回のホビロックのお祭り騒ぎがひと段落して、今回は再販が多めの印象。

買い逃した作品を確実に手に入れる機会と言えるのではないでしょうか。

 

個人的な期待、予想も入り交じり、何を保証できるわけでもありませんが、この記事に巡り会った貴方の「買いたい」気持ちのお役に立てば幸いです。

続きを読む

ワンダーフェスティバル2017[冬]ロックマン関係まとめ-Summary of Megaman figures exhibited by Wonder Festival 2017[Winter]-

新年だ! 冬だ! ワンフェスだ!!

……と、はしゃいでいたのも4ヶ月前。今や毎日が夏日でございますね。

 

自分でも訳がわからず時間がとれないまま時間が過ぎ、新作には全部コメントをつけたいと思っていたのですが、このままじゃWF夏が開催されるし夏コミ原稿もできやしない。

というわけで、この辺りで公開と致します。

 

主に写真だけの記事となりますが、一つの記録として、そして夏に向けて皆さんの「参加したさ」を高める一助となれば幸いです。

f:id:yakouhai:20170222231237j:image

 

続きを読む

『虐殺器官』が『ガサラキ』である6つの理由

絶賛公開中の「PROJECT ITOH」第三作『虐殺器官』。


「虐殺器官」新PV

 

公開初日にレイトショーで観たが、非常にクオリティの高い「映画化」だった。

削ぎ落とされた要素に不満を持つ向きもあるだろうが、二時間という限られた時間にまとめるには、悪くない決断だったように思う。

 

 

さて、本稿のタイトルをクリックした諸兄に於いては、1999年に放映されて世紀末の話題を席巻した伝説のロボットアニメ『ガサラキ』を、当然ご存じのことだろう。


Gasaraki Op

 

その『虐殺器官』と『ガサラキ』の共通性が今、Twitter上でも話題になっている。

 

そこで、私なりにそう感じる理由をまとめてみた。

 

続きを読む

ワンダーフェスティバル2017[冬]私的事前チェック

さて、今年も恒例の、ワンフェス事前チェックの季節がやってきました。

単価の高いガレージキット購入に向けて、ロックマン関係は漏らさないように、しかしそれだけにこだわらず、個人的な興味の赴くままにチェック(そして期待)しています。

 

(ガイドブック掲載原稿は過去の情報なので、実際には販売・展示されない場合もあります。また、単なる私の期待も記載しています。

再販物の価格も、生産量や歩留まりで大きく変わるので、あくまで参考程度に考えてください)

 

せっかくなので個人的なリストを公開して、なるべく多くの方に魅力的なキットが販売されることを知ってもらおう、というのも、この記事の目的のひとつです。

画像を見た方の「欲しかった」という感想が、何より悔しいから。

 

ガレージキットは一期一会。

再販は無いものとして考えるべき作品です。

 

琴線に触れる作品があれば、技術は後回しでも大丈夫。

コツコツ整形、水性塗料筆塗りで、時間をかければ完成させることはできます。

 

しかし、目当てのキットを手に入れられるのは今だけ。

残念ながら、先行入場ができるダイレクトパスはすでに販売を終了していますが、悔いの残らないように行動してください。

 

ワンダーフェスティバル2017[冬]は2017年2月19日(日)、幕張メッセにて開催。

 

皆様もどうぞ、素敵なホビーライフを!

続きを読む